学校の定期テストと模試のどっちが大事?旧帝大生が徹底解説

「模試は受験に直結するけど、定期テストは無関係。だから、模試が大切で、定期テストは対策する必要ない」

思っている高校生は多いですよね。

 

そこで今回は定期テストと模試のどちらが大事か旧帝大生の筆者が解説します!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

【結論】基本的には模試の方が大事

まずは結論から言うと、基本的には模試の方が大事です。

 

多くの人は、模試の結果から判定や順位を確認してから、志望校に手が届くかどうかを判断します。

つまり、基本的には「模試で良い成績を取ること」と「入試で良い成績を取ること」は対応しています。

筆者
受験を考えたとき、定期テストの点数は参考になりませんが、模試の点数は参考になります。

定期テストが意味ないという訳ではない

だからと言って、定期テストが意味ないなんてことはありません。

その理由は、定期テスト対策をすることで、大学受験の土台となる基礎固めにつながるからです。

 

定期テスト対策の意味については以下の記事で詳しく解説しています。

基礎固めの重要性と方法については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

今回は大学受験においてとても重要な「基礎固め」のやり方を徹底解説します。 基礎固めはなんで重要なの? 基礎固めって具体的にはどんなことをすればいいの? 基礎固めはいつまでに終わらせる?この記事を読めば、基礎固め[…]

大学受験、基礎固めのやり方、いつまでにどこまでやる?

 

大学受験を考えている高1・2年生は今からしっかりと定期テスト対策をすることで、志望校の選択肢が広がります。

逆に定期テスト対策をしていなければ、高3になったときに基礎を復習することから始めなければならず、ライバルたちに大きく遅れをとってしまいます。

 

また、定期テストの点数が悪いと、評定平均も悪くなります。

評定平均が悪くなると推薦入試や奨学金の要件を満たせなくなる可能性があります。

 

筆者
高1・高2で定期テスト対策をサボってしまったせいで推薦入試の枠を取れなかったり、奨学金に落ちたりしてしまう人はたくさんいます。

 

そのため、定期テストをおろそかにするのはやめてください。

なお、定期テストの勉強法については以下の記事で解説しているのでご覧ください。

関連記事

定期テストで90点以上取るための勉強時間は? 定期テストで90点以上取るために必要なことはなに? 各科目の勉強方法は?今回は上記の疑問を解決します。定期テストで90点以上取りたい人はぜひ参考にしてみてくだ[…]

高校の定期テストで90点以上を取る勉強法

【例外】高3一般受験生は定期テスト対策をしなくてもいい

例外として、一般入試での受験が決定している高3は定期テスト対策をしなくても大丈夫です。

定期テスト対策よりも、模試の受験・復習や受験を想定した問題演習に取り組む方が時間を有効活用できます。

 

詳しくは「高3受験生は定期テストはノー勉でOK?受けないのもあり?」をご覧ください。

 

なお、奨学金を借りることを考えている高3は、たとえ一般入試で受験する場合でも、しっかり定期テスト対策しましょう。

その理由は、奨学金の基準として、高3の評定が使われる場合もあるからです。

筆者
たとえば、代表的な奨学金であるJASSOの「在学採用」では高3の評定が使われます。

定期テストはできないけど模試はできる人の特徴と対処法

定期テストはできない、模試はできる

ここからは定期テストと模試の関係性についてお話します。

まずは「定期テストは悪いけど、模試は良い」という人には、こんな特徴があります。

  • 定期テスト対策をしていない
  • 模試に慣れている

特に受験生に多いのが「定期テストの範囲」を対策していないことです。

これは受験に向けた勉強の時間配分の問題なので、しょうがないですね。

 

あとは「模試の形式に慣れている」ことも考えられます。

定期テストは形式に慣れるほど回数がありません。また、毎回のテスト範囲が全く異なります。

 

それに対して、模試というのは毎回の形式が似ているため、受けた経験が増えれば増えるほど「模試の受け方」が分かってきます。

つまり、模試を受けるときに上手な時間配分や「簡単・難しい」の判断ができるようになり、高い得点をたたき出せるというわけです。

 

「定期テストは悪いけど模試は良い」を解決するには、定期テスト対策をすることが有効です。

これだけで定期テストの点数は良くなります。

 

筆者
受験のことを考えると「模試の点数が高い」というのは良い傾向なので、あまり気にしすぎることはありません。受験で苦労するのは次の「模試はできないけど定期テストはできる」という人たちです。

模試はできないけど定期テストはできる人の特徴と対処法

模試はできない、定期テストはできる

続いて、「模試は悪いけど定期テストは良い」という人には、こんな特徴があります。

  • 丸暗記しているだけで理解できていない
  • 重要な分野・単元が苦手

定期テストは出題範囲が狭いので、丸暗記や短期記憶に頼っても高い点数を取れます。

一方、模試は出題範囲が広いうえに、知識を組み合わせたり思考させたりする問題が多いです。

 

そのため、模試で高得点を取るには知識をしっかり理解して使いこなせるようになることが必要です。

丸暗記だけでは高得点を取れません。

 

また、入試によく出る重要な分野や単元が苦手な場合に、模試の成績がぐんと落ちることもあります。

 

たとえば「英語の長文読解」や「数学のベクトル・数列」などの単元は入試で頻出なので、模試にもたくさん出てきます。

そのため、これらの単元が苦手だと模試で毎回悪い点数を取ってしまうんですね。

 

「模試は悪いけど定期テストは良い」の対処法は以下の通りです。

  • 丸暗記ではなく本質からしっかり理解する
  • 頻出だけど苦手な単元を重点的に勉強する
筆者
「模試は悪いけど定期テストは良い」人は大学受験で苦労しやすいです。自覚があるなら、なるべく早く対策を始めましょう。

 

  • 丸暗記から脱却したい
  • 本質からしっかり学びたい
  • 苦手分野を克服したい

という人は映像授業を活用してください。

おすすめの映像授業はスタディサプリです。

スタディサプリの長所

筆者
私も受験生の頃にスタディサプリを愛用していました。旧帝大に次席で合格できたのは、スタディサプリで日々の学習効率を底上げしたおかげです。

 

スタディサプリを受講することで、各教科・各単元の内容の理解がぐんと深まるので、初見の問題にも対応できる確かな実力が身につきます。

本当におすすめできる映像授業なので、受験を成功させたい人はぜひ活用してください!

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ
無料体験してみる!

 

まとめ

「大学受験に直結する」という観点では模試の方がはるかに重要です。

 

しかし、定期テストを全くおろそかにするのはNG。

特に、高1・2年生は毎回の定期テストに向けてしっかり勉強することが大切です。

 

ぜひ参考にしてください!