共通テストできないけど二次できる|理由と対処法を旧帝大次席が解説

学生学生
「二次はできるのに共通テストはできないのはなんで!?」

国公立大学を目指す学生は、共通テストと二次試験を対策することが必要です。

試験の難易度で言えば、二次試験の方が難しい場合がほとんどです。

 

しかし、「二次はできるのに共通テストはできない」という受験生がかなりの数います。

 

そこで今回は、共通テストはできないけど二次はできる理由と、その「対処法」=「共通テストもできるようにする方法」を解説します。

この記事を読めば共通テストの点数をぐっと伸ばせるので、ぜひ参考にしてください!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

共通テストの形式に慣れていないから

  • 問題文が長い
  • 問題量が多い
  • 図表やイラスト・グラフが多い
  • 誘導がついている(数学)

というように、共通テストの問題形式は特殊です。

解答形式も特殊で、記述や数値で答えるのではなく、解答を「マーク」することが求められます。

 

そのため、共通テストの形式に慣れていなければ、共通テストの点数が伸びません。

 

とはいえ、この問題を解決するのはとても簡単です。

ズバリ、共通テスト形式の問題を繰り返し解きましょう。

  1. 時間を測る
  2. 解答はマークする
  3. 試験問題に書き込みながら解いていく

以上の3点を意識しながら、共通テストの予想問題や対策問題・模試などを使って「実践的に」問題演習しましょう。

筆者
だいたい3〜4回ほど問題演習すれば共通テストの形式に慣れて、力を最大限発揮できるようになるはずです。

時間を上手に配分できていないから

共通テストは時間配分がシビアな試験です。

筆者
特に数学や英語リーディングは時間がシビアで、「全然終わらない!」と悩む受験生がたくさんいます。私も、共テ数学を対策するのは本当に苦労しました。

 

もし前半の問題に時間を使いすぎてしまうと、後半の問題を解く時間がなくなります。

本来なら正答できた問題も焦って間違ってしまうので、思うように点数が伸びません。

 

この問題を解決するには、各科目の時間配分を決めることが重要です。

 

事前に時間配分を決めておいて、対策問題や模試を解くときはその時間配分を意識しながら問題を解くようにしましょう。

そうすることで「時間配分の感覚」が身につくので、本番でも焦らず解答できるようになります。

膨大な情報を処理できていないから

共通テストの情報量は膨大です。

問題文は長いうえ、図表やグラフ・イラストなどがたくさん出てきます。

筆者
そのため、情報処理が苦手な人は1問1問解くのに時間がかかってしまい試験時間が足りなくなるので、点数が伸びません。

 

共通テストの点数を伸ばすためには、情報を取捨選択できるようになることが重要です。

 

共通テストの問題文には、問題を解くのに不要な情報がたくさん含まれています。

不要な情報を無視することで、情報を読み取るスピードが速くなるので、問題をポンポンとスムーズに解けるようになります。

 

不要な情報を無視するためには、問題文を読むより先に設問を読んで、必要になりそうな情報を「予測」する癖をつけてください。

最初は難しいかもしれませんが、練習すれば着実にできるようになります。

筆者
情報処理のスピードを上げることは共通テストを攻略するためにとても大切です。めげずに頑張りましょう!

1問1問確実に解こうとしているから

二次試験では各問題の配点が高いので、1問1問しっかり解き進めるのは効果的です。

 

しかし、共通テストは違います。

  • 選択肢を絞りきれない
  • 解答が思い出せない
  • 解法が思いつかない

と言って、1つの問題に固執して数分使ってしまうと時間が足りなくなります。

すると、時間不足で解けるはずだった問題が解けなくなるため、全体の点数が下がってしまいます。

 

そのため、「1分考えてわからなかったら飛ばす」ことを徹底してください。

そして、一通り解き終わってから、余裕があればその問題を解き直すようにしましょう。

筆者
共通テストの原則は「解ける問題を確実に解く」です。1問に5分使ってなんとか正答するより、同じ時間で確実に解ける問題を3問解いた方が安定して高得点を取れるようになります。

共通テストの解き方を知らないから

「二次試験の解き方」と「共通テストの解き方」は大きく異なります。

二次試験の難しい問題を解ける人でも、「共通テストの解き方を知らないから簡単な問題すら解けない」ということは珍しくありません。

 

共通テストの解き方を学ぶには、スタディサプリの「共通テスト対策講座」を受けてください。

筆者
私もスタディサプリを使っていました。これを受けるか受けないかで、本番の点数は大きく変わってきます。苦手科目の講座だけでも受けておくのがおすすめです。

 

スタディサプリは14日間無料体験できます。

「共通テストの解き方」だけなら、無料体験期間中に十分学べるので活用しましょう!

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

まとめ

「共通テストはできないのに二次はできる」

この理由と対処法を解説しました。

「共通テスト」ができない理由対処法
共通テストの形式に慣れていないから問題を実践的に繰り返し解く
時間を上手に配分できていないから時間配分を決める
膨大な情報を処理できていないから設問を先に読んで必要になりそうな情報を予測する癖をつける
1問1問確実に解こうとしているから1分考えてわからない問題は飛ばす
共通テストの解き方を知らないからスタディサプリの「共通テスト対策講座」を受ける

すでに「二次試験ができる」と感じているなら、相当の学力を持っています。

そのため、今回の記事で解説したことを実践すれば、すぐに共通テストでも高得点を取れるようになるはずです。

筆者
ぜひ参考にしてください!

 

共通テストに関連するほかの記事は「共通テスト記事まとめ」にまとめているので、気になる方はご覧ください。