【化学できない理系必見】成績が本当に伸びる勉強法を旧帝大次席が解説

化学が苦手な人はとても多いです。

 

しかし、理系の場合、多くの大学・学部の入試で化学が必須科目になっています。

そのため、化学ができないと、受験のライバルたちに大きく差をつけられてしまいます。

 

化学ができるようになるためには、正しい方法で勉強することが重要です。

逆に言えば、間違った勉強法だと、驚くほど点数が伸びません。

 

そこで今回は、理系向けに、成績が伸びる化学の勉強法を解説します!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

【理系】化学ができない6つの理由

理系で化学ができない理由として、以下の6つの理由が考えられます。

  1. 現象をイメージできていない
  2. 暗記が苦手
  3. 公式や知識を丸暗記している
  4. 単位を意識していない
  5. 計算ミスしがち
  6. 問題演習の量が足りない

現象をイメージできていない

高校化学では、身近ではなくイメージしづらい現象をたくさん扱います。

筆者

たとえば、原子や分子、化学反応や気体、電離平衡などなど。目に見えない現象ばかりなので、どうもイメージしづらいですよね。

 

もし化学の現象をイメージできなければ、問題文の状況を正しく想定できないので、問題が解けません。

このように、化学の現象をイメージできるようになることは、化学の成績を伸ばすために特に重要です。

暗記が苦手

化学には知識がたくさんあります。

そのため、暗記が苦手な理系は苦労する可能性が高いです。

 

特に、「無機化学」はほとんど暗記科目と言えるくらい、暗記しなければならないことが多いです。

 

化学の知識は3つに分けられます。

  1. 覚えるべき知識
  2. 考えればわかる知識
  3. 覚えなくていい知識

特に暗記が苦手な理系は、「①覚えるべき知識」からしっかり覚えていくことが重要です。

公式や知識を丸暗記している

しかし、知識をただ「丸暗記」するだけでは、化学の成績はなかなか上がりません。

 

丸暗記で通用するのは教科書レベルの問題だけです。

教科書より少しレベルの高い問題が出題されると、手が動かなくなります。

 

どんな問題にも対応できる力を身につけるには、知識をしっかり「理解」することが重要です。

単位を意識していない

特に化学を勉強し始めてまだ時間が経っていない人は、単位を無視しがちです。

しかし、化学において単位はとても重要なんです。

 

たとえば、密度・質量・体積の関係を考えてみましょう。

それぞれの単位は以下のとおりです。

  • 密度[g/cm^3]
  • 質量[g]
  • 体積[cm^3]

もし単位がわかっていれば、「密度[g/cm^3]は、質量[g]を体積[cm^3]で割れば求められるんだな」とすぐにわかります。

しかし単位がわからなければ、「あれ、密度ってどうやって求めるんだっけ?質量を体積で割る?それとも体積を質量で割る?」と迷ってしまいます。

 

このように、単位がわかるかわからないかで、用語や式の理解度が大きく変わってきます。

筆者
選択問題の中には、単位さえわかれば解けちゃうものもあります。特に、複雑な現象・式を扱うときには、単位を確認することがとても重要です。

計算ミスしがち

理論化学では、数学や物理ほどではないですが、それなりの計算力が求められます。

計算の難易度こそ高くありませんが、式が長いので、注意していなければすぐに計算ミスしてしまいます。

 

理系でも、計算があまり得意ではない人は多いです。

計算ミスを減らすためには、問題演習をするときに、1問1問サボらずしっかり計算することが重要です。

問題演習の量が足りない

単純に問題演習量が足りないということも考えられます。

 

「知識を覚える」ことと「知識を使える」ことには、大きな差があります。

知識をインプットしたからといって、問題が解けるようになるとは限りません。

 

知識を使えるようになるためには、アウトプットすることが重要です。

理系の化学の勉強法【これで化学は得点源】

ここからは化学ができない理系が、化学を得点源にするための勉強法を解説します!

インプットにはスタディサプリを使う

スタディサプリの化学を担当する坂田先生のサンプル授業
(参照:https://www.youtube.com/watch?v=WXNjWenBac4)

 

化学を勉強するなら、教科書や参考書より、スタディサプリを使うのが圧倒的におすすめです。

その理由は4つあります。

  1. 授業がとにかくわかりやすいから難しい現象でもすぐに理解できる
  2. 化学を本質から理解できるからどんな問題にも対応できる力が身につく
  3. 覚えるべき重要なポイントを強調してくれるから効率的に成績を伸ばせる
  4. 視覚と聴覚が刺激されるから学習した内容が頭に残りやすい
筆者
私も受験生の頃にスタディサプリを愛用していました。坂田先生の授業を受けて、はじめて「化学ってこんなに面白いんだ!」と思えました。月2,178円かかりますが、それ以上の価値は間違いなくあります。

 

  • 化学に対する苦手意識を克服したい
  • 化学を深くから理解したい
  • 化学を好きになりたい

という人はスタディサプリを活用しましょう。

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ中学講座
無料体験してみる!

スタディサプリ高校講座
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

まずは全体像を把握する

化学が苦手な人は、1つ1つの現象について詳しく学ぶ前に、スタディサプリの講座を流し見して、全体像を把握するのがおすすめです。

そうすることで、

  • どんなことを学ぶのか
  • その単元を勉強する意味はなんなのか
  • どれくらいの分量があるのか

を把握できます。

 

化学の全体像を把握するのにおすすめの講座は「高3 スタンダードレベル化学」です。

筆者
「高3」とついていますが、解説が本当にわかりやすいので、高校1・2年生でも十分理解できます。もし不安なら、より簡単な「ベーシックレベル化学」という講座もあるので、そちらを受講しましょう。

 

全体像を把握するときは、1つ1つの内容を無理に理解しようとする必要はありません。

YouTubeやTikTokを観る感覚で、「へ〜、こんなことをやるのか〜」と気軽に授業動画を視聴しましょう。

インプットとアウトプットを交互に繰り返す

全体像を把握した後は、それぞれの内容をしっかり勉強していきます。

単元ごとに、

  • スタディサプリでインプット
  • 問題演習でアウトプット

を繰り返しましょう。

 

問題演習をするときは、以下の5つのポイントを意識することで、学習効果が倍増します。

  1. 問題の状況を図示する
  2. 単位を意識する
  3. 計算はサボらない
  4. わからなくてもとことん粘る(10分は考えよう)
  5. 解答解説は「人に説明できるようになるまで」読み込む

なお、使う問題集は学校配布のモノでOKです。

もし問題集を持っていないなら、「問題精講」シリーズや「重要問題集」がおすすめなので使って見てください。

疑問点は後回しにする

また、化学を勉強していると、どうしても疑問点が出てくるはずです。

 

疑問点はすぐに解決するのが理想です。

しかし、それは身近でない現象を扱う化学ではなかなか難しいです。

「必ず疑問点を解決してやるぞ!」という気持ちで勉強してしまうと、挫折してしまう可能性もあります。

 

そのため、疑問点は、いったん後回しにしてしまってOKです。

筆者

化学の知識というのは相互に関連しているので、別の単元を勉強することで知識が補完され、わからなかったことが「わかる」ようになることもよくあります。なので、疑問点を無理やり解決しようと思わなくても大丈夫です。

まとめ

化学ができない理系向けに、化学の成績を伸ばす勉強法を解説しました。

 

化学は一度理解できれば、一気に問題が解けるようになる科目です。

しかも、問題が解けるようになると、問題演習が楽しくなってどんどん問題を解いちゃうので、成績がぐんぐん伸びていきます。

 

そして、いつの間にか化学に対する苦手意識はなくなり、むしろ「化学が得意」になっているはずです。

筆者
ぜひ参考にしてください!