【大学受験】塾なしで国公立合格は可能?旧帝大次席が解説

今回は塾なしでの国公立受験について解説します。

  • 塾なし独学で国公立に合格できる?
  • 塾なしで国公立に合格する人の割合は?
  • 塾なしで大学受験するメリット・デメリットは?
  • 塾なしで国公立に合格するために大切なことはなに?

この記事を読めば、塾なしで国公立に合格するために必要な情報を網羅できます!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

塾なし独学で国公立合格は可能!

断言します。

塾なし独学で国公立大学に合格することは間違いなく可能です!

 

筆者
実際、私は塾なし独学で国公立に合格しました。私の周りにも、塾に通わず合格した人が一定数います。

 

特に最近は、塾に通う必要性が薄れてきています。

その理由は、インターネットの発達により、以前は塾でなければ手に入らなかった受験に関する情報が、塾に通わずとも手に入るようになったからです。

 

そのため、塾に通わずに大学受験する人が増えています。

塾なし独学で大学受験をする人の割合

では、塾なしで大学受験に挑戦する人はどれくらいいるのでしょうか。

文部科学省「令和3年度子供の学習費調査」にて、以下のような調査結果が出ていました。

分類学習塾に通っている人の割合(通塾率)
公立高校に通う高校1年生30.7%
私立高校に通う高校1年生35.3%
公立高校に通う高校2年生30.7%
私立高校に通う高校2年生37.6%
公立高校に通う高校3年生37.9%
私立高校に通う高校3年生42.1%

高校3年生のところに注目すると、塾に通っている人は約40%いるようです。

ここから、塾に通っていない高校3年生が約60%いることがわかります。

筆者

この調査は大学受験をしない高校生も含んでいるので、大学受験をする高校生に絞ると通塾率は以上の値より高くなるはずです。とはいえ、塾に通わずに受験する生徒は一定数いることは確かです。

塾なし独学で国公立に合格する人の割合

では、「国公立」に合格した人の中で、塾に通っていなかった人の割合はどのくらいでしょうか。

筆者
ネット上にデータがなかったので、私と同じ国立大に通う友人10人(うち、浪人2人)に聞いてみました。10人のうち、塾に通っていた人は7人(うち、浪人2人)でした。一応、私は難関と言われる国公立に通っています。そのため、他の国公立大学よりも通塾率は高いと思います。

 

10人しか調査していないので、実態をお伝えできているかどうかは微妙なところです。

しかし、塾なしでも国公立に合格した人が一定数いることは事実です。

塾なし独学で大学受験するメリット

塾なし独学で大学受験するメリットを解説します。

費用がかからない

塾なしで大学受験することで、通塾代がかかりません。

先ほども引用した文部科学省「令和3年度子供の学習費調査」によると、公立高校に通う高3の学習塾費は年間45万円、私立高校に通う高3の学習塾費は年間53.4万円のようです。

 

塾なしで大学受験すれば、これだけの費用を節約できるのがメリットです。

自分のペースで勉強できる

自分のペースで勉強を進められるのもポイントです。

 

特に集団塾に通う場合、理解度にかかわらず授業がどんどん進んでいきます。

そのため、授業の進度に追いつけなくなる可能性があります。

 

塾に通わず独学で受験勉強を進めれば、わからないところがあった時に立ち止まってじっくり考えられます。

そのため、焦ることなく着実に実力を身につけられます。

教材を自由に選べる

塾だと教材が指定されることがあります。

しかし、指定された教材が自分に合わない場合、学習効果がぐんと下がってしまいます。

 

独学なら自由に教材をカスタマイズできるので、効率的に学習を進められるのがメリットです。

他の塾生と比較しない/されない

塾に通うと、同じ志望校を目指すライバルがいることもあります。

ライバルがいることで切磋琢磨できるのは良いポイントです。

 

しかし、人によってはライバルを意識し過ぎてしまうことがあります。

たとえば、ライバルが自分よりも模試で高得点だったとき、焦ってしまったり勉強に身が入らなかったりするといった感じです。

 

筆者
先生やご両親にほかの塾生と比較されるなんてこともあるでしょう。

 

塾なし独学の場合、特定の比較対象がいません。

そのため、他人を意識して勉強に身が入らなくなる心配がないのがメリットです。

塾なし独学で大学受験するデメリット

ここからは塾なし独学で大学受験するデメリットを解説します。

志望校の情報を自分で集める必要がある

塾に通えば、志望校の情報を先生が集めてくれます。

一方、塾に通わない場合、志望校に関する情報は自分で集める必要があります。

 

とはいえ、最近は「スタディサプリ」など、受験情報情報を簡単に集められるサイトがあります。

そのため、情報集めが負担になることはほぼないと考えていいでしょう。

自己管理が必要

  • 勉強計画を立てる
  • 学習状況を定期的に確認する

など、塾なし独学で国公立に合格するためには、自己管理がとても重要になってきます。

自己管理ができなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

疑問点を質問できない

疑問点を質問できないのも、通塾しないデメリットです。

 

疑問点をその場で解決することは受験において大切です。

1つでも疑問点が残っていると今後学習する内容が理解できなくなります。

 

筆者
簡単な例ですが、算数の四則演算が分からなければ、数学の方程式は理解できませんよね。

 

塾に通えば、疑問点が発生したらすぐに先生に質問できます。

しかし、独学の場合、疑問点を自分で解決するか、何かしらのサービスやツールを使って質問することが必要です。

勉強内容を誤解しまうことがある

独学で勉強していると、どうしても勉強内容を誤解してまうことがあります。

そして、勉強内容が難しければ難しいほど、誤解する可能性は高くなります。

 

たとえば、「Don’t you want to drink a coffee?」と聞かれて、「コーヒーを飲みたい」と伝えたいならどのように答えるのが正しいでしょうか?

正しい答えは「Yes」です。しかし、誤解している人は「No」と答えてしまいます。

 

勉強していればこのような誤解はたくさんあります。

 

もし誤解したとしても、後で気づけば問題ありません。

しかし、独学だとそうした誤解になかなか気づけません。

仲間やライバルを作りにくい

仲間やライバルの存在は、受験勉強を継続するモチベーションにつながります。

しかし独学の場合、一緒に勉強したり教え合ったりする仲間や、切磋琢磨できるライバルを作りにくいのが難点です。

塾なし独学で大学受験に合格するための勉強法

塾なし独学で大学受験に合格するための勉強法を紹介します。

独学で旧帝大に次席で現役合格していた私も実践していた方法なので、必ず参考になるはずです!

科目勉強法関連記事
英語英単語:単語帳で頻出単語&知らない単語を都度メモ
英文法:基礎事項徹底学習&4段階の問題演習
長文読解:英文解釈→音読→要約→多読
リスニング:ディクテーションとシャドーイング
共通テスト:リスニングは情報処理能力を鍛える
英語が全くできない高校生へ。勉強法とおすすめ参考書を紹介!
数学知識と解法パターンを理解する
問題演習で解法パターンを定着させる
難問に向き合って発想力を身につける
高校数学の独学勉強法とおすすめ参考書を旧帝大次席が解説【大学受験】

共通テストの数学ができない6つの原因と解決法

国語問題演習をしながら実践的に知識をつける
現代文は単語の意味や「接続詞前後が大切」という定石など
古文漢文は単語や文法事項、時代背景など
理科全体像を把握することからはじめる
知識の理解は問題演習で深める
しっかり計算する
高校物理の勉強法を旧帝大次席が徹底解説

化学の勉強法を旧帝大理系が徹底解説【超効率】

社会全体像を把握することからはじめる
エピソードと関連付けて覚える
反復学習を意識する
1日で社会を覚える方法を旧帝大次席が解説

塾なし独学での大学受験で重要なポイント

ここから塾なしで国立大に合格するために重要なポイントを紹介します。

勉強計画を立てる

勉強計画を立てるメリットは3つあります。

  1. 勉強の方向性が定まる
  2. 志望校合格までの距離感を測れる
  3. 今勉強すべき内容が明確になる

勉強計画を立てる方法は以下の通りです。

  1. 志望校を決める
  2. 志望校から逆算する
  3. 科目別に長期計画を立てる
  4. 科目別に短期計画を立てる
  5. 今後1週間の計画を立てる
  6. ⑤を繰り返す

 

計画を立てる時に意識してほしいことは2つあります。

  1. 最初から完璧な計画を立てようとしない
  2. 定期的に計画を見直して修正する

勉強を継続する

国公立に合格するためには、日々の勉強を継続することが大切です。

勉強の継続に関しては以下の記事をご覧ください。

映像授業を利用する

前述のように、独学だと勉強内容を誤解してしまう可能性があります。

誤解を防ぐために、映像授業を利用しましょう。

 

独学をサポートするおすすめの映像授業はスタディサプリです。

スタディサプリの長所

 

筆者
私もスタディサプリを活用していました。スタディサプリの映像授業を活用すれば誤解する心配はありません。また、授業がわかりやすいので、学習内容に関する疑問点が発生しづらいのもポイントです。

14日間の無料体験もできるので、塾なしで国公立に合格したい人はぜひ活用してください!

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

スタディサプリに関して詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事

筆者今回は受験生の頃にスタディサプリを愛用していた私がスタディサプリを徹底解説します。 スタディサプリの評判口コミはどう? スタディサプリはやめた方がいいって本当? スタディサプリの効果的な使い方は[…]

スタディサプリ 評判 口コミ やめた方がいい 向いている人
関連記事

今回はスタディサプリの14日間無料体験の始め方を、画像を用いながら解説していきます。この記事を読めば、スムーズに14日間無料体験の手続きを完了できます!筆者の情報現役旧帝大生(次席合格)。共通テスト現役第1期&776点。二次[…]

スタディサプリ14日間無料体験始め方

塾なし独学で国公立に合格できる人の特徴

塾なし独学で国公立に合格できる可能性が高い人はこんな特徴を持っています。

  • 受験に関する情報を自分で集められる
  • 自己管理ができる
  • 疑問点を自力で解決できる
  • 参考書や映像授業で理解できる

塾に通うべき人の特徴

逆に、塾なし独学だと危険なのはこんな人です。

  • 必要な情報を自分で集められない
  • 自己管理が苦手
  • 疑問点を自力で解決できない
  • 参考書や映像授業だけでは理解できない

以上に当てはまる人は塾や個別指導を利用しましょう。

国公立を目指すなら、トウコベを利用するのがおすすめです。

・東大生がマンツーマンでわかるまで教えてくれる
・自宅での学習を管理してくれる
・勉強計画を作成してくれる
・24時間いつでも質問できる
・オンラインで受けられる

気になる人は、無料の勉強相談をしてみてください!

 

\ 無料勉強相談のお申し込みはこちらからが便利です! /

トウコベ公式サイトはこちら

 

まとめ

塾なし独学での国公立受験について解説してきました。

塾に通わずとも、国公立に合格することは間違いなく可能です。

 

しかし、やり方を間違えると合格の可能性は低くなります。

今回紹介したことを参考にして、合格に近づきましょう!