勉強しないで大学に受かると思ってるやつは大抵落ちるという話

親御さん
親御さん
高校生の子どもが全然勉強しなくて心配。本人に聞いてみたら「勉強しないでも大学に受かる」と思っているらしい。

 

今回は「勉強しないで大学に受かると思ってるやつは大抵落ちる」ということについて解説します。

  • 子どもが勉強しないで悩んでいる親御さん
  • 勉強しないでも受かると思っている受験生

は必見です。

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

勉強しないで大学に受かると思ってるやつの特徴

「勉強しないで大学に受かる」と思っている高校生は、以下の3パターンに分けられます。

  1. 学力がトップクラス
  2. 自分の能力を過信している
  3. 何の根拠もない

このうち、大学別模試で冊子に掲載されるなど、学力がトップクラスの高校生は「勉強しないで大学に受かる」と思ってもさほど問題ありません。

筆者
「冊子に掲載される」「模試の全国順位が100位以内」「受験直前の模試でA判定上位」など、本当にトップクラスの高校生はよほどのことがない限り大学受験に成功します。このタイプは超進学校に多いですね。

 

ただ、自分の能力を過信して、または、何の根拠もないけど「勉強しないでも大学に受かるだろう」と思っている高校生は大抵失敗します。

勉強しないで大学に受かると思ってるやつが受験で失敗する理由

勉強しないで大学に受かると思ってるやつが受験で失敗する理由は2つあります。

  1. 勉強しない間に周りはどんどん力をつけていくから
  2. 勉強しない間に自分の学力はどんどん落ちていくから

勉強しない間に周りはどんどん力をつけていくから

「勉強しないで大学に受かる」と思って勉強している間にも、ほかの受験生は勉強します。

しかも、受験が近づいてくるとさらに勉強時間が増えるので、より速いスピードで力を身につけていきます。

勉強しない間に自分の学力はどんどん落ちていくから

また、勉強しない期間が長くなればなるほど、自分の学力はどんどん落ちていきます。

暗記していた知識は忘れてしまいますし、問題を解く感覚も無くしてしまいます。

 

その結果、最初は周りより成績が良かったとしても、時間が経つにつれてほかの受験生より学力が低くなります。

そのうえ、「やばい!成績が周りより低くなっている!」と気づくのが遅いと、そこから勉強を始めてもほかの受験生に追いつくことすらできず、受験に失敗してしまいます。

勉強しないで大学に受かるとは思わない方が良い

「勉強しないで大学に受かる」なんてことはまずありません。

志望していた大学に受かる高校生は、しっかり考えて勉強しています。

筆者

勉強しないで受験に失敗したら、後で必ず「勉強しておけばよかった」と後悔します。志望校に合格したいなら、すぐに生活を見直しましょう。

今から挽回して志望校に合格する方法

ここからは今から挽回して志望校に合格する方法を解説します。

  • 勉強時間を増やす
  • 勉強の質を上げる
  • 過去問を解く

勉強時間を増やす

「勉強しなくても大学に受かるだろう」と思って勉強していない間にも、ほかの受験生はずっと勉強していました。

そのため、今から挽回して志望校に合格するためには、最低でもほかの受験生と同じくらいの勉強時間を確保するべきです。

 

ベネッセ総合教育研究所が行った「大学生が振り返る大学受験調査[2012]」によると、一般入試者は高3の12月には平均5時間ほど勉強しているようです。

時期一般入試者の1日あたりの平均勉強時間
高校1年0.9時間
高校2年1.1時間
高校3年4月2.1時間
高校3年9月3.8時間
高校3年12月4.8時間

もちろん、志望校により理想の勉強時間は異なりますが、最低でも5時間以上は勉強するようにしましょう。

 

とはいっても、最近勉強していなかった人がいきなり5時間以上勉強するのは難しいと思います。

そのため、リハビリ的に徐々に勉強に体を慣らしていくことが大切です。

 

短期間で勉強に体を慣らすために、まずは以下の2つを実践しましょう。

  1. スキマ時間に勉強する
  2. 勉強を長時間続けないで休憩を挟む(目安は60〜90分に1回)

勉強の質を上げる

ただし、勉強時間を確保するだけでは意味がありません。

 

「勉強の効果」=「勉強時間」✖️「勉強の質」です。

つまり、勉強の質を上げることも、勉強時間を確保することと同じくらい重要です。

 

勉強の質を上げる方法は2つあります。

  1. スタディサプリを活用する
  2. 勉強法を改善する

手っ取り早くて確実な方法は、スタディサプリを活用することです。

スタディサプリを活用して勉強の質が上がる理由は3つあります。

  1. 解説がわかりやすいから難しい内容でもすんなり理解できる
  2. 暗記に頼らず本質から理解できるから思考力が必要な難問にも対応できるようになる
  3. 視覚と聴覚が刺激されるから学習内容が定着しやすい
筆者
私も受験生の頃にスタディサプリを愛用していました。志望校の旧帝大に次席で現役合格できたのは、スタディサプリで日々の学習効率を底上げしたからと言っても過言ではありません。

 

また、スタディサプリの授業はスマホでいつでもどこからでも視聴できるので、「勉強に体を慣らす方法」として紹介したスキマ時間学習との相性がバッチリです。

14日間の無料体験もできるので活用しましょう!

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

勉強の質を上げるもう1つの方法は勉強方法を改善することです。

ほかの人の勉強法を参考にして「これ良いな」と思った部分をどんどん取り入れていくことで、より効率的に勉強できるようになります。

 

勉強法については以下の記事で徹底的に解説しているので、ぜひご覧ください。

note(ノート)

「こんなに勉強してるのになんで成績が伸びないんだろう」 これ、昔の私が悩んでいたことです。 勉強ができる人と勉強ができ…

過去問を解く

  • 共通テストの過去問
  • 国公立2次試験の過去問
  • 私立大の過去問

過去問は一番入試に近い形式の問題です。

そのため、本番を想定して過去問を解くことは志望校に合格するためにとても重要です。

筆者
過去問演習を繰り返すことで入試形式に慣れるので、本番でも焦らず解答できるようになります。

どうしてもやる気が出ないならオンライン学習塾を利用する

「どうしても勉強のやる気が出ない」人はオンライン学習塾の「キミノスクール」を利用しましょう。



 

キミノスクールを利用するメリットは3つあります。

  1. 入試まで最短で成績を上げる1人1人に合わせたカリキュラムで「いま勉強すべき内容」が明確になる
  2. 1日単位の学習計画で迷わず勉強できる
  3. レベルにあった指導をしてくれる
筆者
詳しい情報が気になる人はキミノスクール公式サイトから、資料請求やお問い合わせをしてみてください。

キミノスクール公式サイトはこちら

まとめ

「勉強しないで大学に受かる」なんてことはほとんどありません。

志望校に合格する人は、みんなしっかり勉強しています。

 

もしお子さんが「勉強しないで大学に受かる」と言っているなら、この記事を見せてあげてください。

また、もしあなたが高校生で「勉強しないで大学に受かる」と思っているなら、危機感を感じてください。

筆者
そして、今すぐ日々の生活を見直して、勉強し始めてください。

 

受験が終わってから「勉強しておけば良かった」と後悔することがないように頑張りましょう!