大学受験で独学はきつい?無理?独学旧帝大次席が徹底解説

最近は塾や予備校に通わず、独学で大学受験する人が増えています。

その理由は、インターネットの発達や参考書や映像授業など教材の充実により、個人でも勉強できる環境が整っているからです。

筆者
実際、私も独学で志望校に現役合格しました。

 

とはいえ、こんなふうに考えている人も多いですよね。

  • 本当に独学で大学受験できるの?
  • 独学はきつそう
  • 独学は無理じゃない?

結論から言えば、独学は確かにきついです。

しかし、独学で大学受験に合格するのは可能です。

 

今回は、独学がきつい理由や独学のきつさを軽減する方法、各科目の独学勉強法を私の経験も交えつつ解説します。

独学での大学受験について気になる人は必見です!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

独学はきつい!3つ理由

冒頭で言ったように、独学はきついです。その理由は主に2つあります。

  1. 何から手をつけるべきか分からないから
  2. 独学を始めてしばらくは成績が上がらないから

何から手をつけるべきか分からないから

はじめて受験勉強をする場合、何から手を付けるべきか分からない方が多いと思います。

そのため、最初はいろいろ自分で試行錯誤することが必要です。

 

しかし、試行錯誤には失敗が付き物です。

時間をかけて努力したことが失敗して無駄になってしまうため、精神的にきついです。

筆者
私もたくさん失敗しました…。正直これが一番きつかった。

独学を始めてしばらくは成績が上がらないから

独学をはじめてからしばらくは、成績が上がりません

 

その理由は、上の「何をすれば良いのかわからない」と関係していますが、効率的な勉強法がわからないからです。

どれだけ勉強量を確保したとしても、非効率な勉強をしていたらなかなか成績は伸びません。

 

成績がなかなか伸びなければ、「このままで大丈夫だろうか」と不安に感じます。

たいていは試行錯誤しながら勉強を続けていれば、ある日ぐんぐんと成績は伸び始めるんですが、その段階に到達するまではきついです。

独学で大学受験する人の割合

では、独学で大学受験する人の割合はどれくらいいるのでしょうか?

文部科学省「令和3年度子供の学習費調査」によると、以下のような調査結果が出ていました。

分類学習塾に通っている人の割合(通塾率)
公立高校に通う高校1年生30.7%
私立高校に通う高校1年生35.3%
公立高校に通う高校2年生30.7%
私立高校に通う高校2年生37.6%
公立高校に通う高校3年生37.9%
私立高校に通う高校3年生42.1%

高3だけに注目すると、通塾している人は約40%いるようです。

ここから、塾に通っていない高校3年性が約60%いることがわかります。

独学は無理じゃない!

この調査では、大学受験をしない高校生も含んでいます。そのため、大学受験をする高校生に絞った場合はもう少し通塾率が高くなるはずです。

とはいえ、塾に通わず独学で大学受験する高校生が一定数いることは確かです。

 

このように、独学は無理なんてことはありません。

独学でも、正しい方法で勉強を進めれば着実に成績を伸ばして志望校に合格できます。

独学のきつさを軽減する方法

ここからは、独学のきつさを軽減する方法を紹介します!

「何から手をつけるべき」か知る

独学がきつい理由は、何から手をつけるべきかわからないからです。

しかし、最近はインターネットが発達しているので、やるべきことを調べようと思えばいくらでも調べられます。

 

本ブログでも、受験に向けてやるべきことをたくさん紹介しています。

中でも特に重要なことは以下の3つです。

  1. 受験の情報収集
  2. 早い段階で過去問を解いてみる
  3. 正しい勉強のやり方を知る

まずはしっかり受験の情報収集をすることが大切です。

受験の情報収集には「スタディサプリ進路」を使いましょう。

・自分が向いていることを発見すること(自己分析)
・世の中に存在する仕事や資格を知ること
・大学で学ぶ分野について知ること
・さまざまな大学の情報を探すこと
・大学の資料請求をすること
・願書を取り寄せること
などなど

また、早い段階で志望校の過去問を解いてみることも大切です。

過去問の難しさを早めに実感することで、今の自分に足りないことが見えてくるはずです。

 

そして、特に重要なことは「正しい勉強のやり方」を知ることです。

 

勉強のやり方が間違っているとどれだけ勉強しても成績は伸びません。

逆に、正しい方法で勉強していれば、着実に成績は伸びていきます。

 

勉強法については以下の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。

note(ノート)

「こんなに勉強してるのになんで成績が伸びないんだろう」 これ、昔の私が悩んでいたことです。 勉強ができる人と勉強ができ…

スキマ時間を活用する

机に向かって勉強するだけでなく、スキマ時間を上手に使うことも有効な方法です。

 

たとえば、通学に使うバスや電車に乗っている時間は勉強に最適なスキマ時間です。

ゲームしたり漫画を読んだりする代わりに、映像授業を視聴して勉強しましょう。

筆者
参考書は場所を取るので、スキマ時間との相性が結構悪いです。スマホで勉強できる映像授業を使いましょう。

 

私も使っていたおすすめの映像授業はスタディサプリです。

14日間の無料体験もできるので、ぜひ試してみてください!

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

スキマ時間を活用すれば勉強時間をより多く確保できるので、成績が伸びやすくなります。

筆者
もし1日20分のスキマ時間で勉強すれば、1年で約120時間もの勉強時間を捻出できます。

 

日々の生活の中で、ちょっとしたスキマ時間は必ずあるはずです。

自分が1日何をしていたか書き出してみて、勉強できそうなスキマ時間を探してみてください。

まとめ

独学は確かにきついです。しかし、無理ではありません。

今回は独学がきついと言われる理由や、きつさを軽減する方法、各科目の独学勉強法を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください!