【物理】勉強してもできない原因と苦手を克服する方法を解説

学生学生
「物理を勉強してるけどできるようにならない…。どうしたら良い?」

物理が苦手な人は多いですよね。

どんなに勉強してもテストであまり良い点数を取れない人もいると思います。

筆者
私も物理を勉強しはじめたときは「慣性力?どういうこと??」など、わからないことが多すぎて苦労した経験があります。

 

物理が勉強してもできるようにならない場合、勉強のやり方が間違っている可能性が高いです。

逆に言えば、物理は正しいやり方で勉強すれば、着実に成績を伸ばせます。

 

そこで今回は、「物理勉強してもできない」と悩んでいる高校生に向けて、物理の苦手を克服する正しい方法を解説します。

 

本記事で紹介することを実践すれば、どんなに物理が苦手な人でも、徐々に物理ができるようになります。

物理に対する苦手意識がなくなるのはもちろん、物理の勉強が楽しくなって「どんどん問題を解きたい!」と物理中毒になる人もいるでしょう。

筆者
ぜひ参考にしてください!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

物理を勉強してもできない原因

物理を勉強してもできない原因は5つあります。

  1. 数学の基礎知識が足りない
  2. 丸暗記に頼っている
  3. 単位や文字を無視している
  4. 物理現象のイメージができていない
  5. 問題を解いていない

数学の基礎知識が足りない

高校物理で求められる数学の基礎知識は主に以下の3つです。

  1. 三角比
  2. 三角関数
  3. ベクトル

以上の知識がなければ、物理を勉強してもできるようになりません。

 

とはいっても、「数学の問題をゴリゴリ解ける」というレベルまで数学の基礎知識を学ぶ必要はありません。

物理で必要な数学の知識のレベルはあまり高くないので、「考え方」さえ知っていれば十分です。

丸暗記に頼っている

「物理の公式の意味がわからないから」といって、公式を丸暗記している人が多いと思います。

しかし、公式を丸暗記するだけでは物理の問題は解けるようにはなりません。

 

丸暗記するのではなく、公式の意味と使い方をしっかり理解することが必要です。

 

たとえば、力学の等加速度直線運動の公式は3つあります。

等加速度直線運動の3つの公式

物理では、さまざまな視点から問題が出題されます。

そのため、これらの公式をただ丸暗記しただけだと、それぞれの問題を解くのに適した公式を選べないので、正答できません。

筆者
①は速度・初速度・加速度・時刻の関係を表す式で、速度を求めるときに使うことが多い
②はさらに距離をからめた関係を表しており、位置の変化を求めるときに使うことが多い
③は速度・初速度・加速度・距離の関係を表す式で、時間が与えられていないときに便利
というようにそれぞれの意味と使い方を理解しておくことが、物理をできるようにするために大切です。

単位や文字を無視している

物理には、m・s・kgなどの単位やv・a・tなどの文字・記号がたくさん出てきます。

あまりに単位や文字が多いので、無視して勉強を進める人が多いですが、それでは物理の理解は深まりません。

 

単位や文字を理解することで、物理現象の意味や問題の意図を正確に捉えられるようになります。

そのため、特に物理を勉強してから時間が経っていないうちは、文字や単位を意識することがとても重要です。

 

また、選択問題や共通テストなどのマーク試験では、問題を見なくても、単位を見るだけで選択肢を絞れることが多いです。

たとえば、速度[m/s]が聞かれている場合、単位が[m/s^2]になっている選択肢は省けます。

筆者
「単位さえ分かれば問題が解けちゃう」なんてことも珍しくありません。

物理現象のイメージができていない

「なめらかな平面に置かれている物体に左から力を加えると物体は右に動く」というように、物理現象をイメージできるようになることはとても重要です。

物理現象のイメージができなければ問題文に書いてあることを理解できないので、問題は解けません。

問題を解いていない

どれだけ知識をインプットしたとしても、それだけでは問題は解けるようになりません。

インプットした知識を実際に使ってみる、つまり問題演習することが大切です。

 

問題演習することで、知識の使い方が定着するとともに、その意味をより深く理解できるようになります。

また、演習経験を積んで「解いたことのある問題」を増やしていくことで、高い思考力や発想力が求められる問題でも解けるようになります。

苦手を克服する方法

さて、ここまで物理を勉強してもできない原因について解説してきました。

まとめると、物理を勉強してもできないのは「勉強のやり方」が間違っているからです。

 

ここからは、正しい勉強のやり方を紹介します。

  1. スタディサプリでインプット
  2. 5つのポイントを意識しながらアウトプット
筆者
難しいことは考えなくてOKです。この2ステップで勉強すれば、誰でも着実に物理に対する苦手意識を克服できます。

スタディサプリでインプット

物理を勉強してもできない原因は全部で5つありました。

  1. 数学の基礎知識が足りない
  2. 丸暗記に頼っている
  3. 単位や文字を無視している
  4. 物理現象のイメージができていない
  5. 問題を解いていない

 

このうち、①〜④はスタディサプリを利用することで解決できます。

  1. 数学の講座を受ければ基礎知識が短時間で身につく
  2. 物理の本質から解説しているから暗記に頼る必要がない
  3. 単位や文字の意味までしっかり解説している
  4. 物理現象のイメージをイラストを用いながら噛み砕いて教えてくれる

 

しかも、スタディサプリの授業はとにかくわかりやすいので、波動や電磁気など難しい内容でもすんなり理解できます。

筆者
私も受験生の頃にスタディサプリを愛用していました。ぶっちゃけ、教科書や参考書よりもわかりやす買ったです。スタディサプリの講座を受けてはじめて「物理ってこんなに面白いんだ!」と感じたのを覚えています。

 

  • 物理が苦手でどうしても理解できない
  • 物理を本質からしっかり学びたい
  • 物理を得意科目にしたい

という人は、ぜひスタディサプリを活用してください!

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

5つのポイントを意識しながらアウトプット

しかし、スタディサプリの講座を受けるだけでは不十分です。

物理の成績を伸ばすには、問題演習を通じてインプットした知識をアウトプットすることも重要です。

筆者
一応、スタディサプリでも問題演習できます。しかし問題量が少ないので、問題集を使ってしっかり問題演習することが必要です。

 

問題演習をするときに意識してほしいポイントが5つあります。

  1. 問題文の状況を図示する
  2. 文字や単位を意識する
  3. サボらず計算する
  4. わからなくてもとことん粘る(最低10分)
  5. 解答解説は「人に説明できるようになるまで」読み込む

これらを意識しながら問題演習することで、物理の成績がぐんぐん伸びていきます。

 

また、問題演習に慣れていないうちは、スタディサプリで公式の使い方や意味を確認しながら問題演習してOKです。

筆者
たとえば運動量保存則の問題を解くときは、スタディサプリの「運動量と力積」の講座を見ながら解き進めましょう。

物理を勉強するときに意識してほしいこと

最後に、物理を勉強するときに意識してほしいこと紹介します。

それは「自分は物理ができるんだ!」と思い込むことです。

 

物理の問題が解けないからといって、「自分は物理が苦手なんだ」「物理できないんだ」とネガティブな感情を持つのは絶対にやめてください。

そんな気持ちでは、いつまでも物理ができるようにはなりません。

 

「自分は絶対に物理ができる!」と思いながらスタディサプリの講座を受けたり、問題演習したりしましょう。

筆者
「何それ?」と変に思ったかもしれません。しかし、このような「気持ちの違い」が大きな差につながっていくんです

物理に関してよくある質問

物理基礎がわからない。どうしたら良い?

物理基礎が理解できなければ、物理はできるようになりません。

物理基礎がわからない原因は、今回紹介したこととほとんど同じで、

  1. 現象をイメージできないから
  2. 公式を丸暗記しているから
  3. 単位や文字を無視しているから

です。

 

物理基礎を理解するためには、やはりスタディサプリを活用するのがおすすめです。

中野先生の「ベーシックレベル物理基礎」や「高1・高2・高3 物理基礎」の講座を受講しましょう。

 

物理ができる人とできない人の違いは?

物理ができる人とできない人の違いは「勉強法」です。

 

間違った勉強法だと、物理の成績は伸びません。

逆に、勉強法さえ正しければ、物理の成績は着実に伸びていきます。

 

数学は得意なのに物理が苦手。どうしたら良い?

数学はできるけど物理ができない人は意外と多いです。

 

数学と物理は似ているようで異なります。

数学と同じ勉強法では物理はできるようにならない場合が多いです。

 

本記事で何度も言っているように、物理は「理解すること」がとにかく大切です。

物理を理解することさえできれば、すぐにできるようになります。

物理を得意科目にする方法は?

物理でライバルと差をつけたい人も多いでしょう。

 

物理を得意科目にするには、やはり何度も言うようにスタディサプリを軸に勉強を進めるのがおすすめです。

具体的には、以下の順で勉強を進めてください。

  • スタディサプリの「スタンダードレベル物理」講座を受講する
  • 基礎〜標準レベルの問題を解く
  • スタディサプリの「トップ&ハイレベル物理」講座を受講する
  • 標準〜応用〜発展の問題を解く

難しく考える必要はありません。素直に上の順で勉強を進めれば、着実に物理が得意になっていきます。

 

まとめ

物理を勉強してもできない原因と、苦手を克服する方法を紹介しました。

 

物理は確かに難しい科目です。

苦手な人もとても多いでしょう。

 

しかし、正しい方法で勉強すれば苦手を克服することは難しくありません。

誰でも着実に物理ができるようになります。

筆者
今回紹介したことをぜひ参考にして、物理の実力を身につけていきましょう!