偏差値を20上げる勉強法を旧帝大次席が解説|何ヶ月?半年で上がる?

偏差値を20上げるのは大変です。

たとえば偏差値50から70に上げる場合だと、

  • 偏差値50は上位50%(100人中50位)
  • 偏差値70は上位2.28%(100人中2〜3位)

なので、100人の受験者がいるなら48人を追い抜くことが必要です。

 

しかし、偏差値を20上げるのは不可能ではありません。

正しい順序で、正しいやり方で勉強すれば、短期間で偏差値を20上げられます。

 

実際、私は高3の4月から勉強を始め、当初の偏差値は50行くか行かないかというくらいの学力でした。

しかし、勉強法を徹底的に見直し日々の生活の中でたくさん工夫したことで、偏差値70オーバーを達成。

筆者の模試成績、偏差値74

筆者
そして、目標としていた旧帝大に次席で合格することができました。

 

ということで今回は、短期間で偏差値を20上げる勉強法を解説します!

  • 受験まであと半年しかない
  • 偏差値を短期間で20以上上げないと志望校に合格できない

という方は必見です!

今回説明する方法は、偏差値40〜50→60〜70を実現する方法です。すでに偏差値60以上ある人が偏差値80以上に上げる方法ではないので注意してください。

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

偏差値を20上げる勉強法

さっそく本題に入りましょう。

偏差値を20上げたいなら、以下の11点を丁寧に実践してください。

  1. 計画を立てる
  2. 計画を実行する
  3. 無駄に書かない
  4. アウトプット重視
  5. 朝は考える科目を勉強
  6. 夜は暗記科目を勉強
  7. スキマ時間を活用
  8. 参考書は基本的に1冊を完璧にするよう意識
  9. 定期的に復習する
  10. 疑問点を残さない
  11. 毎日勉強時間を確保する

計画を立てる

まずは計画を立てましょう。

 

計画がなければ、行き当たりばったりの勉強になってしまいます。

行き当たりばったりの勉強では成績が伸びません。

筆者
「いつまでに」「どの教科を」「どんな教材を使って」「どれだけの時間をかけて」勉強するのか、志望校の入試日から逆算してじっくり考えましょう。

計画を実行する

計画を立てるだけでは成績は上がりません。

立てた計画を実行しましょう。

 

もちろん、完璧に計画通りに勉強することはできません。

サボってしまう日や、急な用事でそもそも勉強できない日だってあるはずです。

 

また、計画通りに勉強できたとしても、思ったように成績が伸びるとは限りません。

そのため、学習状況や自分の成績を考慮しながら、定期的に計画を修正しましょう。

 

  1. 勉強計画を立てる
  2. 勉強計画を実行する
  3. 勉強計画を修正する

以上の3点を自分でできる自信がないなら、必ず個別指導などを用いて勉強計画を作ってもらってください。

筆者
計画がなければ偏差値20を上げるのはほぼ不可能です。自分でできないなら、人に任せましょう。

 

おすすめの個別指導は「トウコベ」です。

 

トウコベでは、東大生がひとりひとりに合わせて勉強計画を立ててくれます。

また、マンツーマン授業や家庭学習の管理、24時間質問対応を行ってくれるので、着実に成績を伸ばせます。


 

\ 無料で相談できます! /
トウコベで相談してみる!

無駄に書かない

  • 教科書をノートに写す
  • 英単語を書く
  • まとめノートを作る

など、暗記するために「書く勉強法」を実践する人は多いです。

実際、私も勉強を始めたばかりの頃はとにかく書きまくっていました。

 

しかし、「書く」勉強法は非常に効率が悪いんです。

その理由は、時間がかかるからです。

 

そのため、基本的には「書く」のではなく「声を出して読む」を実践しましょう。

筆者
これだけでも結構勉強の効率が変わりますよ。

 

ただし、以下のような場面では「書く勉強法」が効果的になります。

  • 頭の中を整理したいとき
  • 問題を解くとき

アウトプット重視

インプットばかりでは成績は伸びません。

インプットした知識をアウトプットすることが大切です。

 

具体的には、問題をたくさん解いてください。

数学や理科はもちろん、英語や国語、社会の問題もしっかり解くようにしましょう。

 

問題を解くことで、インプットした知識を「使える」ようになります。

また、知識を引き出すスピードが速くなるので、問題を素早く解けるようになります。

 

基本的には「インプット:アウトプット=3:7」くらいの割合で勉強を進めるのがおすすめです。

そして、受験期直前など勉強が煮詰まってタイミングでは「インプット:アウトプット=1:9」で勉強しましょう。

朝は考える科目を勉強

朝は頭が働きやすい時間帯です。

そのため、数学や物理化学、英語や国語など考える科目を重点的に勉強するようにしましょう。

夜は暗記科目を勉強

逆に、夜は頭が疲れているので、考える科目を勉強してもあまり捗りません。

 

そのため、負担の少ない暗記系科目を勉強するようにしましょう。

夜寝る前に暗記することで、暗記した内容が睡眠中に整理されるので、長期的に記憶に定着しやすくなるメリットもあります。

スキマ時間を活用

  • ぼーっとしている時間
  • 電車やバスなどに乗っている時間
  • ちょっとした休憩時間

など、スキマ時間を活用することはとても大切です。

 

英単語帳を見たり、参考書を見たり、スタディサプリを視聴したり。

スキマ時間にできる勉強はたくさんあります。

筆者
1日1時間スキマ時間で勉強できれば、半年で180時間、1年で360時間近くも勉強時間を確保できます。

参考書は基本的に1冊を完璧にするよう意識

いろいろな参考書や問題集を使いたくなる気持ちはわかります。

が、それだと効率が悪いです。

 

多くの参考書・問題集は、1冊で目標レベル(参考書により異なる)まで成績を上げられる構成になっています。

つまり、1冊完璧にすれば、目標レベルに到達できるはずなんです。

 

いろいろな参考書で勉強すると全てが中途半端になってしまうので、結果的に成績があまり上がりません。

まずは1冊を完璧にしてから、次の目標レベルに合わせて別の参考書を使い始めるようにしましょう。

定期的に復習する

たった一度勉強しただけで学習内容を完璧に理解し覚えられるのはごく一握りの天才だけです。

 

私も含め、多くの人は一度勉強したことを数日後には忘れてしまいます。

というより、そもそも一度勉強しただけでは理解できません。

 

ひとつひとつの内容を理解し、そして長期的に記憶に定着させるために、定期的に復習しましょう。

復習するタイミングは以下がおすすめです。

  1. 1日後
  2. 3日後
  3. 1週間後
  4. 1ヶ月後

疑問点を残さない

前半で勉強する内容と後半で勉強する内容は相互に関連しています。

よって、前半で疑問点を残してしまうと、後半の内容が理解できなることが多々あります。

筆者
たとえば、小学校の算数で習う四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)がわからなければ、中学校の数学で習う方程式は理解できませんよね。

 

そのため、疑問点が発生したらすぐにインターネット等で調べる癖をつけてください。

毎日勉強時間を確保する

  1. 1週間のうち、1日だけ14時間勉強。他の日は全く勉強しない
  2. 1週間、毎日2時間勉強

①と②は合計の勉強時間が14時間という点では同じです。

しかし、②の方が圧倒的に成績は伸びやすいです。

筆者
短期間で偏差値を20上げたいなら、毎日必ず勉強してください。「勉強しないと気持ちが悪い」と思えるようになることを目指しましょう。

偏差値を20上げるには何ヶ月かかる?→半年〜1年かかる

スタートラインや学習状況などにもよりますが、偏差値を20上げるには、現実的に半年〜1年ほどかかります。

 

着実に偏差値を上げるために大切なことは、一番最初に挙げた

  1. 勉強計画の作成
  2. 勉強計画の実行
  3. 勉強計画の修正

をとことん丁寧に行うことです。

筆者
何度も言いますが、以上3点をやらなければ偏差値20アップは厳しいです。

 

着実に成績を上げる勉強計画を作りたいなら、個別指導のトウコベを利用しましょう。




トウコベがおすすめな理由は6つあります。

  1. 中長期的な勉強計画を作成してくれる
  2. 授業日以外の家庭学習まで管理してくれる
  3. 東大生がマンツーマンでわかるまで教えてくれる
  4. 24時間いつでも質問できる
  5. オンラインで受けられるから便利
  6. 授業料は受けた分だけだから料金がリーズナブル
筆者
勉強計画の作成・実行サポート(家庭学習管理)のほか、マンツーマン授業や質問対応もしてくれるので、疑問点を残すことなく効率的に勉強できます。

トウコベが気になる人は、無料相談をしてみてください!

 

\ 無料で相談できます! /
トウコベで相談してみる!

 

まとめ

解説した勉強法を丁寧に実践できれば、半年〜1年で偏差値が20アップします。

筆者
ぜひ参考にしてください!

勉強法を徹底的に解説した記事です。

ブログには書ききれない「超細かいこと」まで、私の勉強に関する研究のすべてを詰め込んでいます。

この記事を読めば

✅つまらない勉強が楽になる
✅短期間で成績がぐんぐん伸びる
✅最小の努力で最大限の結果を出せるようになる

ようになります。

✅勉強で行き詰まっている人
✅成績を短期間で伸ばしたい人
✅まわり道をしたくない人
✅勉強で失敗したくない人
✅本気で受験に成功したい人

はぜひご覧ください!

 

記事を見に行く!