共通テスト英語の時間配分と時短のコツを9割取った筆者が解説

今回は共通テスト英語のおすすめの時間配分をリーディング98点の筆者が解説します。

  • 点数がとりやすい時間配分は?
  • 時短のコツは?
  • どの大問から解くべき?

ぜひ参考にしてください!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

共通テスト英語の基本情報

共通テスト英語リーディングの基本情報をまとめました。

試験時間80分
満点100点
平均点 ※12021:58.80点、2022:61.80点、2023:53.81点
大問構成(2023年度) ※2第1問:ハンドアウト・ウェブサイトの読解、第2問:広告・レポートの読解、第3問:ニュースレター・ブログ記事の読解、第4問:記事の読解、第5問:ストーリーの読解&要約、第6問:記事の読解&要約
小問数と配点(2023年度) ※2第1問:5問10点、第2問:10問20点、第3問:5問15点、第4問:5問16点、第5問:5問15点、第6問:9問24点、
大問ごとの正答率(2023年度) ※3第1問:約63%、第2問:約64%、第3問:約68%、第4問:約59%、第5問:約53%、第6問:約35%

※1=出典:大学入試センター「受験者数・平均点の推移」、※2=出典:大学入試センター「令和5年度 本試験の問題」、※3=出典:旺文社教育情報センター「2023年 共通テスト小問別正答率」

共通テスト英語のおすすめ時間配分

共通テストのおすすめ時間配分は以下の通りです。

第1問7分
第2問12分
第3問11分
第4問11分
第5問14分
第6問20分
見直しなど調整時間5分
80分

1問あたりの配点が低い第1問や第2問をすばやく解いて、配点の高い問題が多い後半に多く時間を使えるようにすることがポイントです。

共通テスト英語の時短のコツ

共通テスト英語の時短のコツを紹介します。

普段から時間を意識して解く

共通テスト英語リーディングの模試や予想問題を解くときは、先ほど紹介した時間配分を意識しながら解くようにしましょう。

 

普段から時間を意識して解くことで、「あと時間がどれくらいあるのか」が感覚的にわかるようになってきます。

また、共通テストの本番でも焦らず本来の実力を発揮しやすくなります。

選択肢を先読みする

共通テスト英語リーディングの問題の解き進め方は2つあります。

  1. 本文→選択肢の順で読む
  2. 選択肢→本文の順で読む

英語がかなり得意な人なら、①の方法でも時間内に解き終わります。

しかし、それほど英語の自信がない人は、①の方法だと選択肢を選ぶときに「あれ、この部分なんだっけ」と本文を読み直すことになるので、時間が足りなくなりがちです。

 

②の方法なら、本文を読み始める前に問われることをある程度把握できます。

そのため、読み直す時間を短縮できるのはもちろん、概要を掴んだ状態で読み進められるので本文もスラスラと読みやすくなります。

1分考えてわからなかったらいったん飛ばす

共通テスト英語リーディングは時間がとてもシビアな試験です。

そのため、1つの問題に固執してしまうだけで時間が足りなくなってしまうこともあります。

 

分からない問題を解きたい気持ちはわかりますが、1分考えても答えが出ないならいったん飛ばしてしまいましょう。

そして、一通り解き終わった後に時間があれば戻ってきて再度考えるのがおすすめです。

筆者
他の問題を解くことで頭がスッキリして答えがわかるなんてこともよくあります。

 

そもそも、リーディングは問題数が多い分1問あたりの配点は低くなっています。

そのため、たった1問に固執するべきではありません。

筆者
1問に時間を使ってじっくり考えるより、1問飛ばしてわかる問題から確実に解いた方が点数は伸びやすいです。

共通テスト英語の大問を解く順番

共通テスト英語は前半にある大問の方が、後半の大問より簡単になっています。

そのため、解く勢いをつけるためにも、基本的には大問1から解くのがおすすめです。

筆者
取れるところからしっかり取って、着実に点数を伸ばしていきましょう。

 

とはいっても、最適な解く順番は人により異なります。

たとえば、試験が始まってすぐは集中力が高く、時間が経つと集中力が切れてしまう人は後半の長くて難しい大問から解き始める方が良いかもしれません。

 

自分の特徴や模試・対策問題集を解いた時の感覚を考えながら、大問を解く順番を決めるのが良いでしょう。

共通テスト英語の勉強法

ここからは共通テストの勉強法を紹介します。

英単語力をつける

まずは英単語力を身につけましょう。

筆者
一般的に、共通テストレベルの英語で必要とされている単語数は約4,000〜6,000単語と言われています。

 

単語力を身につける効率的に身につける方法は以下の通りです。

  1. 単語帳を1冊完璧にする
  2. 文中の分からない単語を調べてノートにまとめ定期的に見直す

単語帳を使って頻出単語をおさえつつ、分からない単語を調べることで単語力を底上げしましょう。

 

単語を覚えるコツは4つあります。

  1. 発音する
  2. 反復する
  3. 例文で覚える
  4. イメージと関連づけて覚える
筆者
単語力は英語の基礎となる重要な能力です。退屈かもしれませんが、確実に英語の点数は伸びていくので地道に頑張りましょう。

文法をしっかり勉強する

英単語と同じくらい重要なのが文法です。

文法がわからなければ英文の意味を正しく捉えられないので、問題が解けません。

 

文法の勉強をするときはスタディサプリを利用するのが圧倒的におすすめです。

スタディサプリ英文法を担当する関先生のサンプル授業

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=UEyNYVR220M)

スタディサプリがおすすめな理由は3つあります。

  1. 暗記ではなく理屈で理解できるから
  2. とにかくわかりやすいから
  3. 視覚と聴覚が刺激されて学習内容が定着しやすいから
筆者
私も受験生の頃スタディサプリを愛用していました。関先生の英文法の授業は本当にわかりやすかったです。旧帝大に次席で合格できる力が身についたのは、スタディサプリのおかげと言っても過言ではありません。

 

  • 英文法をしっかり理解したい
  • 共通テストの点数が低くて悩んでいる
  • 英文法をサクッと復習したい

という人はぜひスタディサプリを活用してください!

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

速く正しく読む練習をする

共通テスト英語は時間がシビアな試験です。

そのため、得点を伸ばしたいなら速く正しく読めるようになることが重要です。

 

文章を読む速さを伸ばすには、さまざまな英文を音読するのが効果的です。

文章を読む正確さを伸ばすには、読んだ英文の要点を要約する練習を積みましょう。

 

「音読と要約」

 

これを繰り返せば、共通テストレベルの英語なら詰まることなくスラスラと読めるようになります。

聞き取り力を鍛える(リスニング)

リスニングの勉強法も紹介します。

 

まずは英語を聞き取れるようになることが大切です。

そのためには、「ディクテーション」や「シャドーイング」が有効です。

ディクテーション=音声の英文を書き起こすリスニング勉強法①聞こえた単語を書き起こす(慣れてきたら英文単位で書き起こす)
②スクリプト(音声の原稿)を見て正しく書き起こせたか確認
③正しい英文が聞こえるまで音声を聞き直す
※音声は何度聞いても、何度停止してもOK
シャドーイング=音声からわずかに遅れて聞こえた英文を発音するリスニング勉強法最初はスクリプトを見ながらでOK
イントネーションを真似すると学習効果アップ

ディクテーションは単語を聞き分けるため、ディクテーションは連続する音声をまとまりとして捉えるために効果的な勉強法です。

最初は難しいですが、着実に英文が聞き取れるようになるので頑張りましょう。

情報処理能力を鍛える(リスニング)

実は、共通テスト英語のリスニングはただ聞き取れるだけでは点数が伸びません。

聞こえてくる情報を頭の中ですばやく処理できるようになることも重要です。

 

このような情報処理能力を鍛えるには、オンライン英会話のDMM英会話を使うのがおすすめです。

その理由は3つあります。

  1. リーズナブルな料金で毎日レッスンできるから
  2. 講師の質がほかのオンライン英会話より高いから
  3. 講師の数が多くレッスン予約が取りやすいから

DMM英会話で毎日レッスンを繰り返すことで、相手が話した英語を英語のまま理解し、処理する練習を繰り返せます。

そのため、短期間で情報処理能力を鍛えられます。

筆者
私はオンライン英会話で情報処理能力を鍛えたおかげで、共通テストのリスニングで88/100点取れました。また、問題の形式が似ているTOEICリスニングは満点を取れました。

 

特に「英語は聞き取れるんだけどなぜか点数が伸びない」という人は情報処理ができていない可能性が高いです。

DMM英会話を使って情報処理能力を鍛えれば、正答率が向上するのでぜひ活用してください!

\ 無料で2回レッスンできます! /

DMM英会話の公式サイトはこちら!

 

ほかにおすすめのオンライン英会話については以下の記事をご覧ください。

関連記事

今回は高校生におすすめのオンライン英会話を紹介します! 筆者私は高校生の時にオンライン英会話を約1年間受講した経験があります。そのおかげもあって、TOEICでは975/990点を取れました。&n[…]

高校生におすすめのオンライン英会話

まとめ

共通テストのおすすめの時間配分を紹介しました。

第1問7分
第2問12分
第3問11分
第4問11分
第5問14分
第6問20分
見直しなど調整時間5分
80分

ぜひ参考にしてください!

 

共通テストが苦手な人は、共通テストが苦手な原因と解決法をご覧ください。

関連記事

共通テストの英語ができない 時間が全然足りない 半分しか解けない今回はこんなお悩みを解決します! 共通テストの英語を苦手とする受験生はとても多いです。対策問題集や模試を解いてみて[…]

共通テスト英語ができない原因と解決法

 

共通テストに関連する記事は「共通テスト記事まとめ」にまとめているので、気になる方はご覧ください。