化学が苦手な理由と克服法を旧帝大次席が解説!【これで化学は得点源】

今回は「化学が苦手」な理由と、化学が苦手な人向けの勉強法を解説します。

  • 化学に対する苦手意識を克服したい
  • 化学を得意科目にしたい

この記事を参考にすれば、「化学が苦手」という悩みをバッチリ解決できます!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

化学が苦手な理由

化学が苦手な理由は6つあります。

  1. 化学の現象をイメージできていない
  2. 公式やパターンを丸暗記している
  3. 知識を覚えられない
  4. 計算ができない
  5. 単位を意識していない
  6. 問題演習が足りていない

化学の現象をイメージできていない

  • 電子ってどう動く?
  • 平衡ってどんな状態?
  • 体心立方格子ってどんな構造?

以上のような質問をされたとき、適切な図を書いて自分の言葉で説明できますか?

もし説明できないなら、あなたは化学の現象をイメージできていません。

 

化学の現象をイメージできていなければ、問題文の状況を把握できません。

そのため、正しい答えを導き出せないので、試験の点数も伸びません。

公式やパターンを丸暗記している

公式やパターンを丸暗記すれば、教科書レベルの問題なら解けるようになります。

しかし、レベルが上がって少しひねった問題が出題されると、全く手が動かなくなります。

 

化学ができるようになるためには、公式やパターンをただ暗記するだけでなく、その意味や使いどころをしっかり「理解」することが重要です。

知識を覚えられない

生物ほどではないですが、化学には覚えるべき知識がたくさんあります。

筆者
特に、無機化学はほとんど暗記科目と言えるでしょう。

そのため、知識を覚えるのが苦手な人は、化学も苦手な傾向にあります。

 

化学の知識は3つに分けられます。

  1. 覚えるべき知識
  2. 覚えなくても考えればわかる知識
  3. 覚えなくていい知識

このうち、「覚えるべき知識」を集中して覚えていくことが、化学に対する苦手意識を克服するために重要です。

単位を意識していない

化学において単位はとても重要です。

 

たとえば、密度・質量・体積の関係を考えてみましょう。

それぞれの単位は以下のとおりです。

  • 密度[g/cm^3]
  • 質量[g]
  • 体積[cm^3]

もし以上のように単位がわかれば、「質量[g]を体積[cm^3]で割ったら、密度[g/cm^3]になるな」とすぐにわかります。

しかし単位がわからなければ、「あれ、どういう関係だっけ」と迷ってしまい、変換するのに時間がかかってしまいます。

筆者
このように、単位を意識しているだけで、用語や式の理解度がぐんと深まります。問題が難しくなったとしても、単位を意識できていれば、うまく計算できるようになります。

計算が苦手

理論化学の場合、計算量が多いうえに、式が複雑です。

そのため、計算が苦手だとケアレスミスをたくさんしてしまったり、1つ1つの問題を解くのに時間がかかって試験時間内に解ききれなかったりします。

問題演習が足りていない

  • 知識を覚えたぞ!
  • 公式の意味と使いどころを理解したぞ!

と思っていても、いざ問題演習してみると全然解けないということはよくあります。

 

化学ができるようになるためには、インプットした知識や公式を実際に使ってみる、つまり「アウトプット」が重要です。

アウトプットすることで知識・公式の理解度がより深まるとともに、「問題を解く感覚」が身につきます。

「化学が苦手」を克服する方法

ここまで「化学が苦手」と感じる理由を解説してきました。

 

たしかに、化学は難しい科目です。

しかし、以下の方法で勉強すれば、どんなに化学が苦手な人でも、短期間で化学ができるようになります。

  1. スタディサプリを使って知識と公式をインプット
  2. 問題集を使ってアウトプット
筆者
難しく考える必要はありません。このシンプルな方法で勉強すれば、着実に化学の実力を伸ばせます。

スタディサプリを使って現象・知識・公式をインプット

化学のインプットにはスタディサプリを使うのが最適です。

その理由は5つあります。

  1. 解説がとにかくわかりやすい
  2. 「暗記」に頼らず「理屈」で化学を本質から理解できる
  3. 身近な例えを出してくれるから現象をイメージしやすい
  4. 「ここが重要!」と覚えるべきポイントを教えてくれる
  5. 視覚と聴覚が刺激されるから学習した知識が頭に残りやすい
筆者
私も受験生の頃にスタディサプリを愛用していました。スタサプ化学を担当する坂田先生の授業を受けて、はじめて「化学ってこんなにおもしろいの!?」と思えました。月2,178円かかりますが、それ以上の価値は間違いなくあります。

 

スタディサプリ化学の講座のレベルは3つに分かれています。

  1. ベーシックレベル
  2. スタンダードレベル
  3. トップ&ハイレベル

化学が苦手な人は、まずベーシックレベルから受けてみるのがおすすめです。

もしベーシックレベルが簡単すぎると感じたら、スタンダードレベルに移りましょう。

 

スタディサプリの講座を受けるときのポイントは3つあります。

  1. わからない部分は何度も見返す
  2. 受講後はすぐにテキストの問題を解く
  3. 講座の受講計画を立てる(1日1講座ずつ受講していくのがおすすめ)
筆者
スタディサプリの授業を少し受けただけでも「なんだかできる気がするぞ!」と感じるはずです。

 

化学が苦手な人は、ぜひスタディサプリを活用してください!

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ中学講座
無料体験してみる!

スタディサプリ高校講座
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

問題集を使ってアウトプット

スタディサプリの講座と並行して、問題集を使って問題演習しましょう。

 

使う問題集は学校配布のものでOKです。

もし問題集を持っていないなら、「入門問題精講」がおすすめなので使ってみてください。

 

問題演習をするときに意識すべきポイントが5つあります。

  1. 問題の状況を図示する
  2. 単位を意識する
  3. 計算はサボらない
  4. わからなくてもとことん粘る(10分は考えよう)
  5. 解答解説は「人に説明できるようになるまで」読み込む
筆者
これらを意識するだけで、問題演習の効果は段違いに向上します。

まとめ〜化学は一度理解できれば一気に成績が上がる

「化学が苦手」と感じる理由と、苦手を克服する方法を解説しました。

 

化学は一度理解すれば、問題がサクサクと解けるようになる科目です。

成績もぐんぐん伸びていきます。

筆者
今回紹介した方法を実践すれば、どんなに化学が苦手な人でも、化学を理解できるようになります。ぜひ参考にしてください!