共通テストの英語ができない原因と解決法を9割取った筆者が解説

  • 共通テストの英語ができない
  • 時間が全然足りない
  • 半分しか解けない

今回はこんなお悩みを解決します!

 

共通テストの英語を苦手とする受験生はとても多いです。

対策問題集や模試を解いてみて、「こんなに難しいの?」「時間が足りなさすぎる!」と驚いた人もたくさんいるでしょう。

 

共通テストができない場合、やみくもに勉強しても成績はなかなか伸びません。

できない原因を特定して、適切に対処することが大切です。

 

そこで今回は、共通テストができない原因とその対処法を9割取った筆者が解説します。

共通テストの英語の点数を伸ばしたい人はぜひ参考にしてください!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

共通テスト英語に関する基礎情報

まずは共通テストの英語に関する情報について簡単にまとめます。(参照:大学入試センター

試験時間満点平均点
リーディング80分100点2021:58.80点、2022:61.80点、2023:53.81点
リスニング30分100点2021:56.16.点、2022:59.45点、2023:62.35点

共通テスト英語のリーディングができない原因

共通テスト英語のリーディングができない原因を解説します。

問題の形式に慣れていない

共通テスト英語の問題の形式は特殊です。

そのため、問題の形式に慣れていない人は、問題形式に戸惑ってしまいなかなか点数が伸びません。

  • 文章は読めるんだけど時間が足りない
  • 正答率は高いんだけど解き終わらない

という人は、問題の形式に慣れていない場合が多いです。

文章が理解できない

問題文や選択肢が理解できなければ問題は解けません。

  • 感覚に頼って問題を解いている
  • 模試や対策問題集の点数の変動が大きい

という人は、文章が理解できていない可能性が高いです。

 

文章が理解できない主な原因は2つあります。

  1. 単語力が不足している
  2. 文法理解が不十分

英単語と英文法は、英語の基礎となる超重要な分野です。

共通テストだけでなく国公立2次試験や私立入試でも重要なので、しっかり勉強しましょう。

読むのが遅い

共通テストのリーディングは時間がとてもシビアな試験です。

そのため、文章が理解できる人でも、読むのが遅いと高得点を取れません。

 

読むのが遅い主な原因は4つあります。

  1. 単語力が不足している
  2. 文法理解が不十分
  3. 全文まるまる読んでいる
  4. 英語を日本語に訳して読んでいる

4つの原因のうち、どれか1つにでも当てはまると共通テストの英語リーディングは時間内に解き終わりません。

わからない問題に時間を使いすぎている

上述のように、共通テストリーディングは時間がシビアです。

そのため、わからない問題に固執して時間を使いすぎてしまうと、ほかの問題を解く時間がなくなります。

「共通テスト英語のリーディングができない」の解決法

  1. 問題の形式に慣れていない
  2. 文章が理解できない
  3. 読むのが遅い
  4. わからない問題に時間を使いすぎている

これまで紹介してきた4つの原因を踏まえて、「共通テスト英語のリーディングができない」の解決法を紹介します。

模試や対策問題集で問題形式に慣れる

共通テストの問題形式にまだ慣れていない人は、模試や対策問題集で同じ形式の問題を繰り返しときましょう。

このとき、以下の2つのポイントを意識するとぐっと効率が上がります。

  1. 時間をはかる
  2. マークシートを使う
筆者
なるべく本番に近い環境で問題演習することで、より形式に慣れやすくなります。本番でも焦らず本来の実力を発揮できるようにもなるので、ぜひ実践しましょう。

単語力をつける

「単語力が不足しているな」と感じる人は単語力をつけましょう。

 

単語力を効率的に身につける方法は以下の通りです。

  • 単語帳を1冊完璧にする
  • 文中のわからない単語を調べてノートにまとめる

単語帳を1冊完璧にすれば、受験に頻出の単語は大体おさえられます。

さらに、文中にわからない単語が出てきたら、その都度辞書で調べてノートにまとめておいて、定期的に見直しましょう。

 

英単語を覚えるコツは3つあります。

  1. 「書く」のではなく「発音する」
  2. 「1回で覚える」のではなく「反復する」
  3. 「日中」ではなく「寝る前」に勉強する
筆者
単語力を身につけるのは退屈かもしれませんが、受験英語を攻略するには必須です。単語が理解できるようになるだけで、驚くほど文章は読みやすくなるので頑張りましょう!

文法を学び直す

「文法をまだ理解できていない」という人は文法を学び直しましょう。

文法を学ぶにはスタディサプリを使うのがおすすめです。その理由は4つあります。

  1. とにかくわかりやすいから
  2. 学ぶべき文法が体系的に整理されているから
  3. 動画でサクッと学べるから
  4. 文法を短期間で学ぶのに適した参考書がないから
筆者
私も受験生の頃にスタディサプリを愛用していました。スタディサプリの文法講座は本当にわかりやすいのでおすすめです。

 

  • 文法を深くから理解したい
  • 文法を短期間で勉強したい

という人はぜひスタディサプリを活用してください!

 

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

文章の読み方を改善する

「全文まるまる読んでいるから読むのが遅い」人は文章の読み方を改善しましょう。

  • 具体例など重要でない部分は飛ばし読みする
  • 単語単位ではなく段落や文章のまとまりで理解する
  • 細かいところは気にせず要点を捉える

これらを意識するだけでも、ぐっと文章を読むスピードは上がります。

英語を英語のまま理解する

「英語を日本語に訳して読んでいるから読むのが遅い」という人は英語を英語のまま理解できるようになることが大切です。

 

英語を英語のまま理解できるようになるためには、オンライン英会話のDMM英会話を使うのがおすすめです。その理由は5つあります。

  1. 英語を英語のまま理解することが強制されるから(後述)
  2. 毎日レッスンできるから
  3. 普通の英会話に通うより料金がリーズナブルだから
  4. 講師の質がほかのオンライン英会話より高いから
  5. 講師の数が多いのでストレスフリーに予約できるから

スムーズに会話するためには、英語をいちいち日本語に訳さず、英語のまま理解することが求められます。

DMM英会話を使うことで、英語を英語のまま理解することが強制される環境下で練習できるので、効率的に力が伸びます。

 

目安としては、1ヶ月ちょっとDMM英会話を使えば英語を英語のまま理解できるようになります。

筆者
ちなみに、私はDMM英会話を最終的に約1年間続けました。その結果、「日常英会話なら問題ない」と自信を持って言えるレベルに到達しました。講師の方も皆面白く、楽しくレッスンが続けられるオンライン英会話です。本当におすすめ!

 

英語を英語のまま理解したい人はぜひDMM英会話を活用してください!

\ 無料で2回レッスンできます! /

DMM英会話の公式サイトはこちら!

 

他のおすすめのオンライン英会話については以下の記事をご覧ください。

関連記事

今回は高校生におすすめのオンライン英会話を紹介します! 筆者私は高校生の時にオンライン英会話を約1年間受講した経験があります。そのおかげもあって、TOEICでは975/990点を取れました。&n[…]

高校生におすすめのオンライン英会話

解答戦略を立てる

「わからない問題に時間を使いすぎる」「そもそも解答戦略を立てていない」人は解答戦略を事前に立てておきましょう。

  1. 時間配分
  2. どの大問から解くか
  3. わからない問題の対処法

以上の3点を考えておくだけでも、試験で本来の実力を発揮しやすくなります。

 

共通テスト英語の時間配分については以下の記事をご覧ください。

関連記事

今回は共通テスト英語のおすすめの時間配分をリーディング98点の筆者が解説します。 点数がとりやすい時間配分は? 時短のコツは? どの大問から解くべき?ぜひ参考にしてください!共通テスト英語の基本情報[…]

共通テスト英語の時間配分と時短のコツ

共通テスト英語のリスニングができない原因

ここからは共通テスト英語のリスニングができない原因を解決します。

音声を聞き取れない

リスニングが苦手で音声を正しく聞き取れないと点数は伸びません。

 

断片的に聞こえる単語から答えを予想しようとしても、選択肢が絞りきれないので結局「えいや!」と感覚に頼ることになります。

点数を伸ばすには、「全体の要点」を捉えられるようになることが重要です。

先に設問文を確認していない

音声を聞いた後に選択肢を見て答えを探すのは、リスニングがかなり上手な人でなければ難しいです。

そのため、先に設問文を確認する癖がない人は点数が低くなりがちです。

情報処理ができない

実は、共通テスト英語のリスニングは、ただ音声を聞き取れるようになるだけでは解けません。

高得点を取るには、大量の情報を処理する能力が必要なんです。

筆者
これに気づけていない受験生がとても多い!

 

そのため、情報処理が苦手な人はなかなか良い点数を取れなかったり、問題演習時の点数の変動が大きくなったりします。

「共通テスト英語のリスニングができない」の解決法

  1. 聞き取れない
  2. 先に設問文を確認していない
  3. 情報処理ができない

これまで紹介してきた3つの原因を踏まえて、「共通テスト英語のリスニングができない」の解決法を紹介します。

ディクテーション

「音声が聞き取れない」人はディクテーションをしましょう。

 

ディクテーションというのは音声の英語を書き起こすリスニング練習法です。

ディクテーションには2段階あります。

  1. 聞こえた単語を書き起こす
  2. 聞こえた文章を書き起こす

まずは聞こえた単語を書き起こすこと。やってみるとわかりますが、これでもかなり難しいです。

次に、文章をまるまる書き起こすこと。これも非常に難しいです。

 

最初は簡単な英文を使って、何度も何度も練習しましょう。

音声は何度聞いても、何度停止してもOKです。話している英語をなんとか書き起こせるようになるまで繰り返しましょう。

筆者
書き起こしたら、スクリプトと比較して修正します。ディクテーションは大変ですが、リスニング力は着実に身につくので頑張りましょう。

先に設問文を確認する練習をする

「先に設問文を確認していない」人は、音声が流れる前に選択肢を読む練習しましょう。

筆者
これは練習あるのみです。

 

最初は難しいと思うので、音声を止めながらでも大丈夫。

意識して繰り返し練習していれば、必ず設問を先に読めるようになります。

オンライン英会話を使う

「情報処理ができない」人は、先ほども紹介したオンライン英会話(DMM英会話がおすすめ)を使いましょう。

 

オンライン英会話でテンポよく会話するためには、相手の言ったことを脳内ですばやく解釈して処理することが求められます。

そのため、情報処理能力を鍛えるには最適です。

筆者
私はオンライン英会話のおかげで共通テストのリスニングで88/100点取れました。また、問題が似ているTOEICリスニングは満点を取れました。
  • 聞き取れるんだけど問題が解けない
  • 共通テストのリスニングが苦手

という人はぜひDMM英会話を活用してください!

\ 無料で2回レッスンできます! /

DMM英会話の公式サイトはこちら!

まとめ

共通テスト英語ができない原因とその解決法を紹介しました。

共通テスト英語は合計200点の超重要科目です。

 

英語で安定して高得点を取れるようになれば、ほかの受験生と大きく差をつけられます。

今回紹介したことを参考にして、ぜひ点数をぐんぐん伸ばしてください!

 

そもそも英語が苦手な人は英語が全くできない高校生の勉強法をご覧ください。

関連記事

高校になると、勉強する英語の難易度がぐんと高くなります。そのうえ、覚えるべき単語の数や文法事項も多くなります。 そのため、 英語が全くできない 高校に入ってから英語が分からなくなった […]

英語が全くできない高校生のための勉強法と参考書

 

共通テストに関連する記事は「共通テスト記事まとめ」にまとめているので、気になる方はご覧ください。