【受験生必見】超絶楽で効率のいい暗記法を旧帝大生が紹介【社会はこれだけ】

「テスト前日なのに、社会科目ノー勉でやばい」

 

こんな状況でも、この暗記法を使えばまだ間に合います。もちろん、テスト前日の状況に限らず、暗記法として優秀です。

 

短期記憶・長期記憶どちらにも対応しています。大学受験でも通用します。

 

実際、私はこの方法を見つけたおかげで旧帝大理系に上位合格できたといっても過言ではありません。

 

ぜひご覧ください。

 

映像授業・解説系動画を繰り返し視聴する

さっそく、最強の暗記法について紹介します。

 

それはスマホなどを使って「映像授業の動画を何度も視聴する」です。

 

「それだけ?」と思うかもしれません。

 

しかし、絶大な効果があるんです。

 

この原理を感覚的に理解してもらうために、すこしステップを踏んでみましょう。

 

突然ですが、好きな曲を思い浮かべてみてください。邦楽・洋楽などジャンルは何でもいいです。歌詞がついているものを思い浮かべてください。好きな曲だったら、歌詞を覚えていると思います。

 

ところで、あなたは歌詞を覚えるために努力したでしょうか?

 

そんな人はあんまりいませんよね。多くの人は、「その曲が好きで、何度も聴いているうちに歌詞を覚えた」と思います。つまり、何度も曲を聴いた結果、自然と歌詞を覚えちゃったんです。

 

この流れを暗記に応用しました。

「同じ曲を何度も聴く」=「同じ授業動画を何度も流す」
「自然と歌詞を覚える」=「授業(動画)内容を覚える」

こんな感じですね。

 

実は私がこの暗記法を思いついたのも、「曲を聴いていたら歌詞を覚えていた」経験によるものです。

「曲を聴いたら歌詞を自然と覚えちゃうよね」と友人と会話

「これって暗記にも応用できるんじゃないのか!!??」と気づく

 

この暗記法が効率良い理由

この暗記法が効率良い理由として、以下の2つが挙げられます

  1. 視覚に加えて聴覚も使えるから
  2. 映像授業は重要な内容を端的にまとめているから

視覚に加えて聴覚を使えるから

通常、暗記をするときは教科書や参考書を使いますよね。この方法は視覚のみを使っています。

 

一方、この暗記法では、映像授業の動画を使います。映像授業の動画では、映像と音声が同時に流れてきます。

 

つまり、視覚と聴覚を同時に使えるんです。

 

先ほどの歌詞の話に戻って考えてみましょう。歌詞を読んで覚える人はほとんどいませんよね。歌詞をただ読むだけでは、小説を読むのと変わりません。

 

もちろん、心に沁みるような歌詞はたくさんあります。しかし、全部が全部そういうわけではありませんよね。

 

一方、実際に曲を聴く、つまり聴覚を使うと、自然と歌詞を覚えています。

 

つまり、聴覚を使っているからこそ歌詞を覚えているんです。よって、聴覚を使った方が暗記しやすいんですね。

 

さらに、「視覚+聴覚」だったらより暗記しやすいのは当然です。

 

視覚だけを使うよりも効率が良い、「視覚と聴覚を使った暗記」を可能にするのが、映像授業です。

 

映像授業では、動画の中で黒板や資料という視覚情報に、解説という聴覚情報も加えて説明してくれます。歌詞の話だと、音楽番組にて字幕付きで歌を聴くことと似ています。

 

映像授業は重要な情報を端的にまとめているから

映像授業は大学受験で成績を上げるために重要な情報を端的にまとめています。

 

特に暗記系科目では、集中して覚えるべき「中心情報」とそれほど暗記に時間をかけるべきではない「周辺情報」に分かれています。

 

映像授業では「まず何を覚えるべきか」を説明してくれるので、効率よく成績を上げられます。

 

この暗記法のメリット

この暗記法のメリットは以下の2つです。

  1. 参考書を読むよりも楽
  2. 慣れたら、片手間で暗記できる

参考書を読むより楽

この方法は、参考書だけを読むよりも楽です。その理由は、動画は勝手に進んでくれるからです。

 

参考書では能動的にページをめくる必要がありますが、動画では勝手に進んでくれます。また、参考書を読んでいると内容がわからなくて止まることもあるかもしれません。

 

一方、この方法では先生が説明してくれるので、そこは悩む必要がありません。

 

ついでに、この方法では何度も聴いているうちに自然に動画の内容を覚えることができます。なので、1回目で分からなくても、何度も聴いているうちに分かるようになってきます。

 

「頭で考えながら自分でページをめくって進める参考書」

「先生が説明しながら勝手に進んでくれる映像授業」

こう整理すると、どちらが楽かは明白でしょう。

 

慣れたら、片手間で暗記できる

さらに、この方法に慣れたら、片手間で暗記できます。

 

「ゲームしながら」

「ぼーっとしながら」

こんな状況でも、使えるんです。

 

もちろん、「視覚+聴覚」で暗記するのが一番効率良いです。

 

ただ、慣れてきたら、聴覚だけでも十分効果が得られます。上の方で説明しましたが、視覚だけを使った暗記よりも、聴覚だけを使った暗記の方が効率良いです。

 

私がこの暗記法を使い始めたときは、視覚と聴覚をフルに使い、さらに講師が言ったことを反復していました。しかし、慣れてくると聴覚だけで内容が入ってくるように。楽すぎて感動しました。

 

おすすめの映像授業

いろいろ試した中で、一番良かった映像授業はスタディサプリのベーシックコースです。

授業をいつでもどこからでも何度でも受けられる
小学4年生から高校3年生までのすべての授業動画を閲覧できる
授業動画の数がとにかく豊富
一流講師が授業動画を作っているので、質も高い
業界屈指の低価格(月額1,815円~はめちゃくちゃ安い!)

 

スタディサプリの映像授業は、高校で学習する内容が体系的に整理されており非常に使いやすかったです。

 

あと、授業の中での補足説明もかなり多かったです。動画を見ているときに「ん?なんだっけ」とど忘れした場面でも、適切な補足説明をしてくれることが多くて助かりました。

 

どの映像授業を使えばいいのか迷ったら、とりあえずスタディサプリを選んでおけば間違いありませんよ。

 

\ 無料体験実施中!! /

スタディサプリの公式サイトはこちら

 

 

おすすめの映像授業について、もっと気になる人は以下の記事をご覧ください!

関連記事

インターネット・スマホを活用していつでもどこでもが授業を受けられる映像授業。   最近では塾や予備校に通わず、映像授業だけで大学受験に挑戦する人も増えています。   実際、私も映像授業を中心に勉強[…]

旧帝大生が厳選!おすすめの映像授業

 

まとめ

超絶楽な最強の暗記法は「映像授業を何度も見る」です。

 

「曲を聴いていたら自然と歌詞を覚えた」経験のある人だったら、まず間違いなく有用な暗記法です。視覚と聴覚も使って効率の良く学習を進められます。

 

私が使っていた中で特におすすめの映像授業はスタディサプリです。

 

映像授業についてもっと気になる人はおすすめの映像授業ランキングをご覧ください!

 

内容が体系的に整理されている上、動画の中で適切な補足説明もしてくれます。とりあえずスタディサプリを選んでおけば間違いありませんよ。

 

\ 無料体験実施中!! /

スタディサプリの公式サイトはこちら