高一必見|物理基礎がわからない原因と解決法を旧帝大次席が徹底解説

学生高校1年生
「物理基礎難しすぎる!どうやったら理解できるの?」

高校に入ると勉強する内容が、ぐんと難しくなります。

その中でも特に高校1年生の頭を悩ましている科目が、物理基礎です。

 

そこで今回は、「物理基礎がわからない原因」と「物理基礎がわかるようになるようになる方法」を解説します。

この記事を読めば、物理基礎が苦手な人でも着実にできるようになり、定期テストでも高得点を難なく取れるようになるでしょう。

筆者
ぜひ参考にしてください!

筆者の情報 旧帝大次席現役合格、共通テスト得点率86%、旧帝大2次試験得点率87%、TOEIC975所持、英検準1級所持

文字数約15000字、勉強法をとにかく詳しく具体的に解説した記事です。すべてを詰め込みました。勉強の効率を上げたい人は必ずご覧ください。

物理基礎がわからない原因

物理基礎がわからない原因は3つ考えられます。

  1. 現象をイメージできないから
  2. 公式を丸暗記しているから
  3. 単位や文字を無視しているから

現象をイメージできないから

物理現象をイメージできなければ、問題文に書いてある状況を正しく理解できません。

そのため、問題が解けません。

 

物理現象をイメージするのはとても難しいことです。

その理由は、現象が身近ではなかったり、目に見えなかったり、直感に反したりするからです。

筆者
たとえば、「摩擦力」は上手くイメージできない人が多いです。ほかにも、「慣性の法則」や「共振」、「交流」なんかもイメージしづらいですね。

 

「物理基礎で扱う現象をしっかりイメージできるようになること」が、物理基礎を理解するために重要です。

公式を丸暗記しているから

物理基礎の公式は「何がどう起こっているのか」を表しています。

たとえば、等速直線運動の公式「x=vt」は「物体が速度vでt秒間動くと、距離xだけ移動する」という現象を表す式です。

筆者
「公式が表していること」をしっかり理解することで、物理基礎の理解度が深まります。

 

公式丸暗記で通用するのは教科書の超簡単な問題だけです。

問題の難易度が少しでも高くなると、途端に問題が解けなくなります。

 

公式は丸暗記するのではなく、「公式の背景にある原理・現象」や「公式の導出方法」を確かめながら勉強を進めることが重要です。

文字や単位を無視しているから

物理基礎にはたくさんの文字や単位が登場します。

たとえば、先ほど登場した等速直線運動の公式「x=vt」には以下の文字と単位が含まれます。

文字単位
x(距離)m
v(速度)m/s
t(時間)s

これらの文字・単位を覚え、意識しながら勉強を進めることで、物理基礎の理解度が深まったり、問題を解くときにミスに気付けたりします。

筆者
また、大学入試の共通テストのような選択式の問題の場合、文字や単位を理解していれば問題を読まずに正答がわかっちゃうこともあります。

 

特に物理基礎を学び始めた高校1年生の場合、文字や単位の重要性にはなかなか気づけません。

登場する文字・単位の数が多いので面倒かもしれませんが、1つ1つしっかり確認しながら勉強を進めていくことが物理基礎を理解するのに重要です。

「物理基礎がわからない」の解決法

物理基礎は確かに難しい科目です。

しかし、これから紹介する方法で勉強を進めれば、誰でも確実に物理基礎を理解できるようになります。

  1. スタディサプリでインプット
  2. 問題演習でアウトプット

スタディサプリでインプット

物理基礎の知識や現象をしっかり理解するためには、スタディサプリを活用するのがおすすめです。

その理由は3つあります。

  1. 一流講師が解説しているだけあってとにかくわかりやすいから
  2. 物理現象のイメージをつかめるから
  3. 公式の背景・導出・使い方や文字・単位についてしっかり解説してくれるから
筆者
私も高校生の頃にスタディサプリを愛用していました。ぶっちゃけ、教科書や参考書よりわかりやすかったです。月2,178円かかりますが、それ以上の価値は間違いなくあります。

 

スタディサプリを活用するときに意識してほしいポイントが3つあります。

  1. わからない部分は何度も見返す
  2. 受講後すぐにテキストの問題を解く
  3. 講座の受講計画を立てる(1日1講座受講していくのがおすすめ)

これらのポイントを意識するだけで、物理基礎の学習効率がグッとアップします。

14日間の無料体験もできるので、物理基礎に対する苦手意識を克服したい人はぜひ活用してください!

\ 14日間無料体験実施中! /
スタディサプリ
無料体験してみる!

無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

 

問題演習でアウトプット

スタディサプリは確かにわかりやすい学習教材です。

しかし、スタディサプリの動画を見ただけでは問題はなかなか解けるようにはなりません。

 

スタディサプリはあくまでインプットの教材です。

問題を解けるようになるためには「アウトプット」、つまり問題集を使って問題演習しながら「問題を解く感覚」を身につけることが大切です。

筆者
一応、スタディサプリでも問題演習できます。しかし、問題量が少なく演習が不十分になる可能性が高いです。物理基礎ができるようになりたいなら、やはり問題集が必要です。

 

使用する問題集については、学校配布のモノでOKです。

もし問題集を持っていないなら、「物理 入門問題精講」がおすすめなので使ってみてください。

 

問題演習をするときに意識すべきポイントが5つあります。

  1. 問題の状況を図示する
  2. 文字と単位を意識する
  3. 計算はサボらない
  4. わからなくてもとことん粘る(10分は考えよう)
  5. 解答解説は「人に説明できるようになるまで」読み込む
筆者
これらを意識するだけで、問題演習の効果は段違いに向上します。

まとめ〜物理基礎は誰でもできるようになる

物理基礎がわからない原因と、物理基礎がわかるようになる勉強法を紹介しました。

 

物理基礎は確かに難しい科目です。

しかし、正しい方法で勉強すれば、誰でも着実に物理基礎を理解できるようになります。

 

しかも、物理基礎というのは一度理解してしまえば、どんどん問題が解けるようになる科目です。

成績もぐんぐん伸びていくので、今まで「勉強やだな… 」と思っていた人でも「勉強楽しい!」と思えるようになります。

筆者
勉強が楽しすぎて「物理中毒」にはまってしまう人もいます。(私です)

 

今回紹介した勉強法を参考に、物理中毒にハマっちゃってください!